長野国際カントリークラブ研修会

研修会会則

(名 称)
第1条
本会の名称を長野国際カントリークラブ研修会(以下長野国際CC研修会と言う)と称する。

(事務所)
第2条
本会の事務所を長野国際CC内に置く。但し会長が必要と認めた場合はその限りではない。

(組 織)
第3条
本会は長野国際CCの正会員をもって構成する。

(目 的)
第4条
本会は会員相互の親睦とゴルファーとしてのルール・マナーの学習向上、技術の研鑽を図ることを目的とする。

(事 業)
第5条
本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.技術の研鑽と研修親睦競技会
2.ゴルフのルールとエチケット・マナーの研修会
3.他クラブとの交流
4.その他必要な事業

(会員資格)
第6条
長野国際CCの正会員で次の条件に該当する者が加入の資格を有する。
1.オフィシャルハンディキャップが(24)迄の者
2.前項に該当しない者でも会員2名上の推薦があって役員会で承認を得た者

(処 分)
第7条
当クラブ及び本会の名誉を著しく傷つけたり、会則に反する行為があったときは、
役員会の議決をもって除名、その他の処分をすることができる。

(役 員)
第8条
本会の役員は会員の推薦により選出し、その役員の互選により会長1名、副会長2名、
競技委員若干名、会計若干名、監事若干名を選出する。
1.役員の任期は2年とし、再任を妨げない。
2.顧問は長野国際CC競技委員長が兼任する。
3.事務局は長野国際CCより1名選出するものとする。

(会 計)
第9条
本会の収入は次に挙げるものを以てあてる。
1.年会費 2.助成金 3.寄付金 4.その他

(会 議)
第10条
本会の会議は下記のものとする。
1.総会は通常総会・臨時総会とし、通常総会は毎年1回初回研修会日にこれを行う。
臨時総会は会員の3分の1以上の要請があった時、又は会長が必要と認めた時召集することができる。
2.役員会は役員の2分の1以上の要請があった時、又は会長が必要と認めたとき召集することができる。
役員会の議決は出席役員の過半数で決する。

(事業年度)第11条
本会の事業年度は1月1日に始まり12月31日をもって終わる。



細則
第4条に関わる細則
1.65才以上の白マークティの使用を認める。又女性並びに75才以上のゴールドマークティの使用を認める。
(競技は同一ティマークとして参加出来る)
2.競技申し込み時に、同組希望を受け付ける。
3.ルール上問題の無い範囲でのアドバイスを認める。

第5条に関わる細則
1.競技研修会は原則として毎月1回開催することとし、クラブ競技と兼ねて行うこともできる。
又冬期間は必要に応じて他クラブでこれを行う。
2.競技組合せ上3バックになった場合キャディフィは3バック料金をその3名で負担する。
3.その他の事業については会長が必要と認めた時に行う。

第9条に関わる細則
1.本会の会費は年5,000円とし毎年5月末日迄に事務局に納入する。

付 属
この会則は昭和63年8月27日より施行する。
  平成3年3月改正 平成7年3月改正 平成9年3月改正 平成11年3月改正
  平成12年5月細則追加 平成29年11月細則追加